The World
物語の舞台と登場する民族について

物語の舞台について

カナディアラ Canadiara

アトランティア大陸の北西部に位置する亜寒帯性湿潤気候の地域。豊かな自然が広がり、バイソンやヘラジカなどの大型の野生動物が数多く生息する。此処には「鳥獣人」と呼ばれる鳥や獣のような身体の特徴を持つ人種が暮らし、独自の文化を築いている。

「鳥獣人」は場所や環境によって姿が異なり、同じ姿をした者同士で部族を形成している。彼らは部族ごとに住み分けることで関係を保ってきた。だが大陸を東西に横断する巨大山脈、キリプ山脈の向こうからやってきたユーリタニア人、通称「真人間」の介入によって、激しく対立するようになる。

ユーリタニア Euritania

大陸の南西に位置する地中海性気候の温暖な地域。農業と牧畜を交互に行う混合農業が盛ん。この地域の人々は長らく「神の教え」に縛られていたが、その価値観が崩壊し、大規模な文化革命が起こった。そして北部の未開拓の大地、カナディアラを目指そうという動きが高まる。

「鳥獣人」と「真人間」の起源と歴史

それぞれの民族の関係性

カナディアラ南部に暮らすヤマネコ族とワシ族は、北部に暮らすオオカミ族、カラス族、シャチ族とは長らく関わりを避けていた。
やがてユーリタニアからエスニア帝国が入植し始め、彼らは南部の部族と関係を持つようになった。北部部族は南部部族にとって未知で理解しがたい相手であり、またエスニア帝国にとっても開拓の邪魔になるとして、両者は同盟を結び、北部部族を排除するようになる。一方、遅れて入植し始めたアルゴメア王国は、敵対するエスニア帝国と戦う北部部族を味方にしようとする。