Characters
主な登場人物の紹介

登場人物一覧

  • ジェラール サムネイル

    ジェラール・ロゼット

  • ティーラ サムネイル

    ティーラ・ウェルズ

  • ユリィ サムネイル

    ユリィ・エテナ

  • クロアナ サムネイル

    クロアナ・デメンテ

  • ダガール サムネイル

    ダガール・セト

  • シナ サムネイル

    シナ・アルパヤ

  • フェデリコ サムネイル

    フェデリコ・ヴィラ

ジェラール・ロゼット(アルゴメア王国)

ジェラール 全身図及び表情図

ユーリタニア、アルゴメア王国の探検家兼宣教師。好奇心旺盛で物怖じしない性格。どんな相手であっても誠意を尽くせばわかり合えると考えている。ユーリタニア人に敵意を持つ先住民、通称「鳥獣人」からの襲撃に遭い護衛の殆どを失うが、残った護衛とともにカナディアラの探索を続けている。

アルゴメア王国とは
ユーリタニア西端にある島国。敵国エスニア帝国より遅れてカナディアラ開拓に乗り出す。エスニア帝国が既にカナディアラ南部を支配しているため、カナディアラ北部への進出を狙っている。

ティーラ・ウェルズ(オオカミ族)

ティーラ 全身図及び表情図

カナディアラ北部の先住民族、ネネ・ピズ(彼らの言葉で「この地の人間」の意)のオオカミ族の青年。オオカミの毛皮を頭から被った異様な格好をしている。2年ほど前に故郷の村を離れ、一人で森の中を彷徨っている。
基本的に人が苦手で疑り深く、あまり関わりを持とうとしない。だがその一方で敵にさらわれるネネ・ピズの子どもや負傷した戦士を助けるなど、心優しいところもある。手先が器用。

オオカミ族とは
カナディアラ先住民の部族の一つ。その名の通りハイイロオオカミのような身体的特徴がある。嗅覚と聴覚が優れ、嗅覚に至っては「真人間」の平均の5倍以上利く。長距離走における持久力にも秀でており、獲物が疲弊するまで追い続けることが可能。数キロ先まで通る声を発し、遠吠えで離れた仲間とコミュニケーションもする。カナディアラ北部の森や平地など様々な環境に暮らし、北部部族の中ではもっとも人口が多い。この人種だけ毛色にバリエーションがあり、よりオオカミに近い灰色タイプと、人間元来の毛色に近い褐色タイプがある。

ユリィ・エテナ(ヤマネコ族)

ユリィ 全身図及び表情図

カナディアラ南部の先住民族、アウライ(彼らの言葉で「この地に住む者」の意)のヤマネコ族の戦士。幼い頃オオカミ族に両親と弟を殺されたため、心底憎んでいる。生き残った兄と共にヤマネコ族戦士団を結成し、オオカミ族を討伐している。
弓矢で頭といった急所を狙い一撃で殺害するためオオカミ族からは「頭射ちの悪魔」と恐れられている。ヤマネコ族最恐の戦士だが、幼子や無抵抗な相手は傷つけない。性格は明るくよく笑いよく喋る。

ヤマネコ族とは
アウライの部族の一つで、オオヤマネコのような身体的特徴を持つ。パルクールのような跳躍、上下移動する運動に長け、動体視力にも優れている。カナディアラ南部の深い森の中で暮らしている。

クロアナ・デメンテ(カラス族)

クロアナ 全身図及び表情図

ネネ・ピズのカラス族の呪術師。二児の母でもある。カラス族の社会では魔力(大自然と交信する力)が強くかつ出産経験のある女性が呪術師として選ばれる。いつも微笑み大人しい話し方をするので一見お淑やかに見えるが、腕白な息子たちに手を焼いており、容赦なく叱っている。また村に敵が入り込んだ時には一人矢面に立ち毅然と向かっていくなど、逞しい一面もある。

カラス族とは
カナディアラ北部に暮らすネネ・ピズの一部族。構造色のある黒い羽毛を腕や首筋に生やし、足には鋭い鉤爪が生えている。主に森林に暮らし、足の鉤爪で木に登ることができる。勿論、この鉤爪は敵と戦うときの武器にもなる。鳥系だからといって空が飛べるわけではない。

ダガール・セト(ワシ族)

ダガール 全身図及び表情図

アウライのワシ族の戦士。優れた投げ槍使いであり、ワシ族戦士団のリーダー。仲間思いで面倒見がよく、大らかで柔軟な性格。戦士団の仲間たちからは「兄貴」の愛称で親しまれている。

ワシ族とは
カナディアラ南部の山岳地帯に暮らす部族。イヌワシのような羽毛を持ち、足に鋭い鉤爪がある。この鉤爪は不安定な岩場や斜面を歩くのに役立つ。低酸素の環境に適応し、シロイワヤギなどの動物を狩って暮らしている。投げ槍を使った狩りや戦いを好む。

シナ・アルパヤ(シャチ族)

シナ 全身図及び表情図

ネネ・ピズのシャチ族の戦士。勇敢さと冷静さを持ち、槍を使った戦いが得意。

シャチ族とは
カナディアラ北部の沿岸部に暮らす部族。陸上では下半身は足だが、水中(海水中)では足を尾ひれに変えることが出来る。5分以上の潜水が可能。イルカやアザラシ、ウミガメなど、海洋動物は何でも狩る。

フェデリコ・ヴィラ(エスニア帝国)

フェデリコ 全身図及び表情図

エスニア帝国のカナディアラ開拓軍の将校。魔法使いでもあり、タカやフクロウのアバターを使って偵察することもある。
あまり感情をを出さず、近寄りがたい雰囲気がある。開拓軍と協力するヤマネコ戦士団のリーダー、すなわちユリィの兄とは親しい関係にあるらしい。

エスニア帝国とは
ユーリタニア諸国を支配している最大の帝国。巨大なキリプ山脈の向こうに広がるカナディアラを発見し、開拓し始めた。既に南部部族のヤマネコ族、ワシ族と同盟を結び、南部部族と敵対する北部部族を共同で撃退しようとしている。